マンション

マンション経営を初めてする前に注意することはどういった所でしょうか

マンション経営を初めてする前に注意することはどういった所でしょうか。まず、どこのマンションに投資するにしても絶対に現物を見て実際に確認しなければなりません。そして、マンション投資ですと、自分の好みで資産の値打ちを判断してしまいがちですが、まずは根拠がある回収率を判断することです。
そして、投資資産の積算価値をリサーチし、購入価額と照らしあわせて割安かどうか見てみましょう。積算価値は融資審査においても使うものですから、試算して損することはありません。

不動産投資では、利回りの割合が非常に大事だとどこでも言いますよね。このため、交通の便が悪い物件なのが気にはなっていましたが、ほぼ新築、割安物件で、その上利回り率が高いことが材料となり購入することにしたのです。でも、実際運用してみると全然賃借人が増えず、大変な損に終わってしまいそうです。
冷静になって考えると、利回りの割合は常に空室無しの状態で想定した時の収益率に過ぎない事に思い当たりました。こんなことなら、いくら利回りの割合が良くなくても、常に入居者がいる都心の不動産を選べばまだマシだったかもしれません。

第二の人生の収入源として、不動産投資を始めました。元々は集合住宅のうち数室程度から始めようと思っていたのですが、一棟モノに投資することにしました。それは、その近くで都市の再開発が計画されており、周辺環境に恵まれていてこれから住民が増えると予測したのが背景です。
土地の条件が同じならば、より多く部屋を購入すれば、収益はその分増えますよね。偶然にも、その土地の周辺情報を熟知していたのでできたことかも知れませんが、今のところ、思った通り順風満帆で副収入をあげられています。

不動産投資で節税をするやり方についてご説明してみましょう。最初に、所得税は所得額に対して課せられます。所得というのは、収益から経費をマイナスした金額ですが、この場合は、経費に含める費用として不動産投資に関わる費用が認定されているわけです。
固定資産税・都市計画税、修理費、損害保険料、管理費用、宣伝費、建物の減価償却費、不動産ローンの借入利子など、不動産関連のコストを収入額から減額できるので、その結果所得税が軽減されるわけなのです。

更新情報